附属定款中の強制仲裁条項

 米国で 附属定款の中に強制的な仲裁条項を置くということについて、議論が活発になっています。

 この議論は、比較法の検討としても興味深いです。また、比較法の論点に加えて、会社法や金商法の強行法規性の問題として捉えれば、より本格的な論文のテーマにもなりうるように思います。

 また、この議論は、Sciabacucchi v. SalzbergCyan Inc. v. Beaver County Employees Retirement Fundの影響もあるようで、複眼的に捉えると米国の法制度の特徴が明らかになって面白いように思えます。

via SEC, Jay Clayton, Cooley, Alison Frankel, Bernstein Litowitz Berger & Grossmann LLP, Allen & Overy, Cooley

Go-Shops Revisited

The Original Study, which examined deals announced in 2006-07, reported that a higher bid emerged during the go-shop period 12.5% of the time (6 instances out of 48 go-shop deals). Using a new database of M&A transactions over the past nine years, we find that the jump rate in the 2010-2018 timeframe was 5.6% (6 out of 108 go-shops), declining to 2.5% (1 out of 40) in the period 2015-2018. The last successful go-shop in our sample occurred approximately three years ago, in January 2016, when II-VI Inc. successfully jumped GaAs Labs’ offer for ANADIGICS, Inc. during a 25-day go-shop period.

As one of us concluded in the Original Study, “go-shop provisions can be a better mousetrap’ in deal structuring – a `win-win’ for both buyer and seller.”  However, over the ensuing decade, a broader set of transactional planners distorted the go-shop technology in ways that achieve their clients’ objectives but no longer satisfy broader corporate law objectives of promoting allocational efficiency in the M&A marketplace. (footnote omitted)

via Harvard, SSRN

株式買取請求権と株価——Verition Partners v. Aruba Networks

 Verition Partners v. Aruba Networks事件は、衡平法裁判所から、最高裁判所に上訴されたのですが、この事件について、Jesse M. Fried先生らがamicus briefを提出しています。

 最高裁での口頭弁論は、2019年3月27日のようです。

 最高裁の判断は、株式買取請求権と株価の関係について考えるいい材料になりそうです。

via Harvard, Harvard, WF&G, Skadden, Cornerstone, Morris James

民法判例研究会編『判例民法第1巻〔大正10年度〕』(有斐閣、第5版、昭和5年)1–8頁〔末弘厳太郎〕

[*1]序

□ 判例が法源となるや否やの問題を論争すべき時は既に過ぎた。理論的に謂えば今尚議論の余地は無論ある。併〔しか〕し判例を度外視して現行法の何たるかを知ることは今や全く不可能となつた。それは議論にあらずして事実である。而〔し〕かも確定した事実である。

続きを読む

Jack Bogle (1929–2019)

RIP

Bloomberg writes:

Bogle founded Valley Forge, Pennsylvania-based Vanguard in 1974. Investors attracted to its low fees helped the firm overtake American Funds, managed by Los Angeles-based Capital Group Inc., in 2008 as the biggest U.S. stock and bond fund manager. Vanguard has $4.9 trillion in assets under management.

via Vanguard, N.Y. Times, CNN, Wash. Post, NPR, Wall St. J., Reuters, Time, Bloomberg, Market Watch, Fin. Times, Fortune, Forbes, WSJ, WSJ, WSJ, WSJ, WSJ

Sciabacucchi v. Salzberg—による裁判管轄の合意

The Delaware Court of Chancery, in Sciabacucchi v. Salzberg, C.A. No. 2017-0931-JTL (Del. Ch. Dec. 19, 2018), has declared “ineffective and invalid” provisions in three corporations’ certificates of incorporation that purported “to require any claim under the Securities Act of 1933 to be brought in federal court” (the “Federal Forum Provisions”).

Ruling on cross-motions for summary judgment, the Court, by Vice Chancellor Laster, ruled that “[t]he constitutive documents of a Delaware corporation cannot bind a plaintiff to a particular forum when the claim does not involve rights or relationships that were established by or under Delaware’s corporate law. In this case, the Federal Forum Provisions attempt to accomplish that feat. They are therefore ineffective and invalid.”

日産に対する証券クラス・アクションの提訴

 テネシー州中部地区合衆国地方裁判所において、日産自動車株式会社、カルロス・ゴーン氏、グレッグ・ケリー氏等に対する証券訴訟が提起されました。

 原告がJackson County Employees’ Retirement Systemで、原告の代理人がRobbins Geller Rudman & Dowd LLPなので、真面目に対応しないといけない事案であるといえるでしょう。

 被告は、次の通りです。

  • 日産自動車株式会社
  • カルロス・ゴーン氏
  • グレッグ・ケリー氏
  • 西川廣人氏
  • 軽部博氏
  • ジョセフ・ピーター氏

 米国では、証券訴訟において会社と個人が同時に訴えられることが一般的です。また、このような場合、通常、証券クラス・アクションでは、被告となった個人と会社は、協力して対応することになるのですが、今回の場合、ゴーン氏及びケリー氏と会社との関係が微妙なので、どのような対応が取られるのか注目されます。

 訴状の中では、①取引所法10条及び同法規則10b–5違反、②取引所法20条(a)項違反が主張されています。また、クラス・アクション(クラスの認定)が要求されています。また、クラス・アクションと同様に、陪審裁判が要求されています。

 どうやら日産は、米国でのADR(米国預託証券)のスポンサーになっているようです。この点は、スポンサーになっておらず、勝手に発行されるADRとは異なるため、裁判所の判断に影響を与えるかもしれません。また、クラスの範囲は、2013年12月10日から2018年11月16日までの間に日産のADRを購入した者となっています。

 通常と同様、請求金額は、明らかになっていません。

 initial case management conferenceは、現状、2019年2月11日に設定されている模様。

via Kevin LaCroix, Justia, Robbins Geller Rudman & Dowd LLP

Akorn, Inc. v. Fresenius—MAE affirmed

The factual record adequately supports the Court of Chancery’s determination, based on its application of precedent such as In re IBP, Inc. Shareholders Litigation and Hexion Specialty Chemicals, Inc. v. Huntsman Corp., that Akorn had suffered a material adverse effect (“MAE”) under § 6.02(c) of the Merger Agreement that excused any obligation on Fresenius’s part to close. (footnotes omitted)

via Business Law Prof Blog