日産に対する証券クラス・アクションの提訴

 テネシー州中部地区合衆国地方裁判所において、日産自動車株式会社、カルロス・ゴーン氏、グレッグ・ケリー氏等に対する証券訴訟が提起されました。

 原告がJackson County Employees’) Retirement Systemで、原告の代理人がRobbins Geller Rudman & Dowd LLPなので、真面目に対応しないといけない事案であるといえるでしょう。

 被告は、次の通りです。

  • 日産自動車株式会社
  • カルロス・ゴーン氏
  • グレッグ・ケリー氏
  • 西川廣人氏
  • 軽部博氏
  • ジョセフ・ピーター氏

 米国では、証券訴訟において会社と個人が同時に訴えられることが一般的です。また、このような場合、通常、証券クラス・アクションでは、被告となった個人と会社は、協力して対応することになるのですが、今回の場合、ゴーン氏及びケリー氏と会社との関係が微妙なので、どのような対応が取られるのか注目されます。

 訴状の中では、①取引所法10条及び同法規則10b–5違反、②取引所法20条(a)項違反が主張されています。また、クラス・アクション(クラスの認定)が要求されています。また、クラス・アクションと同様に、陪審裁判が要求されています。

 どうやら日産は、米国でのADR(米国預託証券)のスポンサーになっているようです。この点は、スポンサーになっておらず、勝手に発行されるADRとは異なるため、裁判所の判断に影響を与えるかもしれません。また、クラスの範囲は、2013年12月10日から2018年11月16日までの間に日産のADRを購入した者となっています。

 通常と同様、請求金額は、明らかになっていません。

 initial case management conferenceは、現状、2019年2月11日に設定されている模様。

via Kevin LaCroix, Justia, Robbins Geller Rudman & Dowd LLP

Akorn, Inc. v. Fresenius—MAE affirmed

The factual record adequately supports the Court of Chancery’s determination, based on its application of precedent such as In re IBP, Inc. Shareholders Litigation and Hexion Specialty Chemicals, Inc. v. Huntsman Corp., that Akorn had suffered a material adverse effect (“MAE”) under § 6.02(c) of the Merger Agreement that excused any obligation on Fresenius’s part to close. (footnotes omitted)

via Business Law Prof Blog

Martin Lipton Memos (2017)

  • Martin Lipton, Memos (2017)

 米国の組織再編法制の実務に影響を与え,また,近年では,企業統治の分野でも影響力を発揮している,Wachtell Lipton Rosen & Katzの弁護士であるMartin Lipton氏のメモランダムを集めたものです。Lipton氏のメモランダムは,教科書や論文などで引用されることがあるのですが,古いものについては原文を入手することが困難なことが多かったように思います。

 私は,ニューヨーク大学でWachtell Liptonの弁護士(David A. Katz氏とMark Gordon氏)による企業買収の講義を受講し,そこで幾つかのメモランダムが配られてから,Lipton氏のメモランダムを興味深く拝見してきました。本ブログでも,Lipton氏のメモランダムについて,度々言及しています。しかし,Lipton氏の執筆に係るメモランダムをすべて拝見したということではありませんでした。例えば,1988年11月3日の “The Interco Case” と題するメモランダムは,このPDFを見つけるまで拝見することができませんでした。このメモランダムは,Jeffrey N. Gordon, Corporations, Markets, and Courts, 91 Colum. L. Rev. 1931, 1959 n.95 (1991),Mark J. Roe, Delaware’s Competition, 117 Harv. L. Rev. 588, 626 (2003)などの論文で引用されています。今回,このメモランダムも含めて,Lipton氏の様々なメモランダムを読むことができるということで,紹介をいたします。デラウェア州会社法の歴史の実務の側面を垣間見ることができました。

Robert P. Bartlett et al., The Myth of Morrison: Securities Fraud Litigation Against Foreign Issuers, SSRN (2018)

We find that the description of Morrison as a “steamroller” substantially ending litigation against foreign issuers is a myth. Instead, we find that Morrison did not substantially change the type of litigation brought against foreign issuers, which both before and after Morrison focused on foreign issuers with a U.S. listing and substantial U.S. trading volume. While dismissal rates rose post-Morrison we find no evidence that this is related to the decision. Settlement amounts and attorneys’ fees actually rose post-Morrison.

Jonathan R. Macey & Joshua Mitts, Asking the Right Question: The Statutory Right of Appraisal and Efficient Markets, SSRN (2018)

We contend that courts should look at the market price of the securities of a target company whose shares are being valued, unadjusted for the news of the merger, rather than at the deal price that was reached by the parties in the transaction.

Unadjusted market price has two distinct advantages over deal price. First, the unadjusted market price automatically subtracts the target firm’s share of the synergy gains and agency cost reductions impounded in the deal price. This is appropriate to do because dissenting shareholders in appraisal proceedings are not entitled to these increments of value which are supplied by the bidder. Second, the unadjusted market price is unaffected by any flaws in the deal process that led to the ultimate merger agreement. Recently, commentators have contended that deal prices in merger transactions should be ignored in appraisal cases where there are flaws in the process that led to the sale.

In Re PLX Technology Inc. Stockholders Litigation, C.A. 9880-VCL (October 16, 2018)

This massive decision is a primer on Delaware director fiduciary duty. It covers just about all the important issues, with an enormous amount of citations and explanation. It is particularly helpful in showing how directors must meet their disclosure obligations, both to their other directors and to stockholders. It is, of course, very much a product of its unique facts.

What may be its most lasting impact is its conclusion that the deal price in a merger established fair value and that yet again a DCF analysis was defective. At least for publicly traded and well shopped companies, we may be seeing the end of DCF as the preferred measure of value in Delaware. (emphasis added)

via Morris James