SECの和解に関する方針

SECと和解する場合,違反に関する事実について,”neither admitting nor denying”であるのが通常です。これが変わるかも知れないという話です。

SEC Actions writes:

The SEC is making a significant change to its Enforcement program which could impact any company or person settling an enforcement action as well as the program of the agency. SEC Chair Mary Jo White stated that the agency is going to change the way it settles enforcement actions, modifying its much criticized “neither admit nor deny” policy. Now, in select cases, the Commission will require that admissions be made as a condition of settling rather than permitting the defendant to “neither admit nor deny” the allegations in the complaint of its enforcement action.

正直言って,うまくいくとはとても思えないのですが,どうなのでしょう。

via Jones Day, GD&C, SEC Actions

Comcast Corp. v. Behrend, 133 S. Ct. 1426 (2013)

概要

Comcast判決*1は,Amgen事件の後,2013年3月27日に下された最高裁判決です。Comcast判決は,独占禁止法に関連してクラスアクションが提起され,そのクラスの認定が争われた事案です。独占禁止法と証券法という違いはありますが,その判示が証券クラスアクションにも影響を与える可能性があります。

続きを読む

Boilermakers Local 154 Retirement Fund v. Chevron Corp., 73 A.3d 934 (Del. Ch. 2013)

Boilermakers Local 154 v. Chevron, 2013 WL — (Del. Ch. June 25, 2013)は,裁判地を定める附属定款の有効性が争われた事案ですが,有効とされました。実際に規定された条項(修正後)は次のようなものです。

Unless the Corporation consents in writing to the selection of an alternative forum, the sole and exclusive forum for (i) any derivative action or proceeding brought on behalf of the Corporation, (ii) any action asserting a claim of breach of a fiduciary duty owed by any director, officer or other employee of the Corporation to the Corporation or the Corporation’s stockholders, (iii) any action asserting a claim arising pursuant to any provision of the Delaware General Corporation Law, or (iv) any action asserting a claim governed by the internal affairs doctrine shall be a state or federal court located within the state of Delaware, in all cases subject to the court’s having personal jurisdiction over the indispensible parties named as defendants. Any person or entity purchasing or otherwise acquiring any interest in shares of capital stock of the Corporation shall be deemed to have notice of and consented to the provisions of this [bylaw].

第一感では,そんなに広範な条項でもないと思えるのですが,どうなのでしょうか。長期的にstate competitionに与える影響が気になります。

via M&A Law Prof Blog, Morris Nicholas Delaware Alert, The D&O Diary

株価が一定の傾向で低下する状況について

アーバンコーポレイションの株価が破綻の前に減少し続けた理由は,投資銀行によるMSワラントの行使による空売りがあったのだと思いますが,そのような人為的な影響がない場合に,株価が減少し続ける場合があるのでしょうか。

考えればいくつもの状況が考えられるのでしょうが,例えば,ベータが1の会社について,一定期間市場平均が一定であると仮定して,それでも株価が下がり続けるとしたら,どのような状況を想定したらよいでしょうか。

思いつきは次のようなものです。

  • 株式を企業価値(株式の価値+負債の価値)を基準としたオプションだと考えます*1。そして,一定期間に資金調達ができない場合,会社が破綻して株価がゼロになるとします。この期間を,オプション期間と呼ぶことにします。
  • 市場は,準強度に効率的で,会社は,巨額の債務超過なので,事業上の個々の出来事は,株価に与える影響が小さいとします。
  • 資金調達ができて正の現在価値を有するプロジェクトに投資できる場合,株式の価値が,正の値であるXになるとします。調達額,それにより実行可能なプロジェクト,その結果の株式の価値を正確に測ることは市場ではできないでしょうが,とりあえず,ここでは,それがXになるとします。+Xではなく,正の値であるXになるとします。
  • 会社が資金調達できるか否か,いつ資金調達ができるか否かは確定的ではないものの,資金調達ができる可能性は,オプション期間で一定であるとします。

この場合,オプション期間における株価は,与えられた条件から計算できると思います。そして,それは,資金調達ができないままオプション期間が短くなればなるほど,株価が低くなるという傾向を示すと思います。(思いつきなので間違ってるかもしれません。)

アーバンコーポレイションの場合,株価の下落は,MSワランツによるものが大きかったのだろうと根拠もなく思うのですが,その他の説明も,もしかしたら可能なのかもしれません*2。もし,株価の減少傾向が理論的に説明可能である場合が存在するとして,このようなとき,金商法21条の2第2項,4項,5項は,どのように解釈すべきでしょうか。

他にも株価が一定の割合で下がり続ける場合は,あるのかもしれませんが,とりあえず。

*1:Fischer Black & Myron Scholes, The Pricing of Options and Corporate Liabilities, 81 J. Pol. Econ. 637–654 (1973).

*2:アーバンの場合,MSワランツの影響が大きすぎるので,MSCBやMSワランツを発行していない会社の破綻事例の破綻前の株価の傾向を調べてみたいところです。

論文の読み方

あるNYUの論文購読の授業では,学生は,各購読論文について短いエッセーを求められます。当該エッセーでのコメントについて,どのようなコメントが適切かという例示がシラバスの中で挙げられています。曰く,次のようなものだとされています。

  • 著者の経済分析の視座への不同意。

  • 筆者が作った仮定または著者の研究デザインに疑問を付す。もし,仮定や研究デザインに疑問を付す場合,なぜ仮定やアプローチが正しくない理由を明確に説明し,または,それを変えることでどのように著者の分析に影響を与えるかを説明しなければならない。

  • 論文で議論されていない著者の分析の含意。

  • 著者の調査結果を裏付けるまたは矛盾する追加の証拠。

  • 著者の分析を発展させるさらなる研究の提案。

論文購読の授業を実際に受けているので,参考にしたいと思います。

Amgen Inc. v. Connecticut Retirement Plans and Trust Funds, 133 S. Ct. 1184 (2013)

今年の2月に,連邦最高裁判所が表記の決定を下しています。クラスの認定の段階で重要性の立証が必要かという争点に対して,法廷意見は,クラスの認定の段階で重要性の立証は不要であり,また,被告が反証をすることもできないと判示しています。

  • 関連資料
    • In re Amgen Inc. Sec. Litig., 544 F. Supp. 2d 1009 (C.D. Cal. 2008)

      • 地裁におけるmotion to dismissの却下
    • Connecticut Retirement Plans and Trust Funds v. Amgen, Inc., 2009 WL 2633743 (C.D. Cal. 2009)

      • 地裁におけるクラスの認定
    • Connecticut Retirement Plans and Trust Funds v. Amgen Inc., 660 F.3d 1170 (9th Cir. 2011)

      • 高裁による原判決の維持
    • Amgen Inc. v. Connecticut Retirement Plans and Trust Funds, 132 S. Ct. 2742 (mem) (2012)

      • 最高裁による裁量上訴の許可
    • Amgen Inc. v. Connecticut Retirement Plans and Trust Funds, 133 S. Ct. 1184 (2013)

      • 最高裁による原判決の維持
  • 弁護士事務所のメモランダム,参考文献
    • Simpson Thacher & Bartlett LLP, Memorandum, The Supreme Court Holds That Class Certification of Rule 10b-5 Claims Does Not Require Proof of Materiality (Feb. 28, 2013)

Don’t-Ask-Don’t-Waive

Revlon義務に関して,Koehler v. NetSpend Holdings Inc., 2013 WL 2181518 (Del. Ch. May 21, 2013) (Glasscock, V.C.)を紹介しましたが,don’t-ask-don’t-waive条項については,過去に次の2つの事例があります。他にもあるかもしれませんが,とりあえず。

via RL&F, WLR&K, CGS&H, MoFo, Jones Day, DealLawyers.com, Ropes & Gray

仲裁条項によるクラスアクションの排除

D&O Diaryが,会社附属定款での仲裁条項に関して,記事を書いています。

The question of whether or not a company can impose an arbitration requirement through its articles of incorporation or its by-laws drew a great deal of attention when The Carlyle Group, which was preparing to go public at the time, specified in its partnership agreement that all limited partners would be required to submit any claims to binding arbitration. (I discussed Carlyle’s initiative in a prior blog post, here.) Ultimately, the SEC used its control of the registration process to prevent Carlyle from including this provision. But as illustrated in an April 22, 2012 article by Carl Schneider of the Ballard Spahr law firm on the Harvard Law School Forum on Corporate Governance and Financial Regulation (here), the idea continues to have its advocates and it seems likely that sooner or later there will be a case or circumstance testing the permissibility of arbitration provision in articles of incorporation or corporate by-laws.

仲裁条項によるクラスアクションの排除に関する連邦最高裁判所の判決の続きということで。

via D&O Diary