英国:年次報告書を作成する際に開示の質を改善するために考慮すべき事項

FRCが,年次報告書を作成する際に考慮すべき開示の改善について,10の項目を挙げています。特段真新しいものではありませんが,一応,挙げておきます

  1. Disclosures should focus on communication of relevant information to investors.
  2. Core information that is relevant for investors is separated from supplementary information that only meets the needs of a wider stakeholder group.
  3. Placement of information outside the annual report may be more appropriate for supplementary information, where the law permits this.
  4. Immaterial information should be excluded.
  5. Boilerplate language should be avoided with a focus on entity specific disclosures.
  6. Related information is linked to tell the story of a company.
  7. Develops a disclosure framework that considers disclosures in the financial report as a whole.
  8. Defines the boundaries of financial reporting.
  9. Develops placement criteria.
  10. Reduces and defines the “magnitude” terms used in IFRSs, such as significant, key and critical.

via Corporate Law and Governance

クラウドファンディング(6)—証券法4条(a)項(6)号

新興企業活性化法により改正された証券法の条文の概要

証券法4条(a)項(6)号

新興企業活性化法301条(a)項により新たに追加された証券法4条(a)項(6)号は,クラウドファンディングの基本的な要件を定めています。証券法4条は,「取引」類型に基づく,証券法5条からの免除を定めていますが,詐欺防止条項からの免除を定めているわけではありません。例えば,取引所法10条(b)項に基づく一般的な詐欺防止条項は,クラウドファンディングに基づく証券の売買にも適用されるでしょう。

続きを読む

クラウドファンディング(5)—新興企業活性化法の301条から305条の概要

新興企業活性化法(JOBS Act: Jumpstart Our Business Startups Act of 2012)で改正された証券法の条文の概要

新興企業活性化法のクラウドファンド関連条文は,第3編に位置しており,これは301条から305条までの5条文からなります。また,条文は,基本的に,1933年証券法を修正するものとなっています。まず,それぞれの条文が,証券法のどの部分を変更しているのかについて概観します。

続きを読む

クラウドファンディング(4)—英国FCAによるクラウドファンディング規制

英国の金融行為監督機構(FCA: Financial Conduct Authority)によるクラウドファンディングの規制に関する討議資料(consultation paper)です。

The Financial Conduct Authority has published a consultation paper in respect of its proposed regulatory approach to crowdfunding and similar activities: see here (pdf). Responsibility for this area moves to the FCA from 1 April 2014 and its paper sets out the rules the FCA intends to apply to loan based and investment based crowdfunding.

via Corprate Law & Governance

ファーマ「価格変化がランダムであることと市場効率性が等価だと皆が思っていた時期も昔はありました」

himaginary氏曰く

市場の効率性の概念がはっきりしてくるに連れ、以前に私が開発した取引ルールがサンプル外では機能しなかった理由は、価格変化がランダムだから、ということに気付いた。当時の人々は、そうした価格変化のランダム性が効率的市場の意味するところだと考えていた。今の我々はそうではないことを知っている。市場の効率性が意味するのは、現時点で利用可能な情報では均衡期待リターンからの逸脱は予測できない、ということである。しかし、均衡期待リターンは時間を追って予測可能な形で変化し得る。その場合、価格変化が完全にランダムになるとは限らない。

himaginary氏の最近の更新は,市場の効率性に関するものが散見されて,それがどれもとても興味深いです。

via himaginaryの日記

クラウドファンディング(2)

2013年10月21日にクラウドファンディングについて書いた時には,SECがこんなにも早く規則提案をするとは思っていませんでした。

2013年10月21日付けのSunshine Actに基づく通知によると,SECは,2013年10月23日に委員による会議を開いて,クラウドファンディングに関する規則提案をするようです。

via TheCorpoarteCounsel.net