米国における博士号取得までの期間

時代や分野によって違いますが,2013年のデータによると,博士号の取得は,平均して,学士号の取得から9年後,大学院入学後7.5年後ということのようです。

博士号取得までの期間が短いのは,物理学(physical science)で,平均すると,学士号取得から7.3年,大学院入学後6.5年となっており,逆に,博士号取得までの期間が長いのは,教育学で,平均すると,学士号取得から15年,大学院入学から11.7年となっています。個人的に興味のある社会科学は,学士号から9.4年,大学院入学後から7.7年です。

若干ではありますが,1988年の統計と比較すると,どの学問分野でも,博士号取得までの期間が短くなっています。例えば,すべての学問分野の平均を見ると,1988年には,学士号取得から,10.6年だったのが,上述の通り,9.0年に,大学院入学から8.7年だったのが7.5年になっています。

こうしてみると,ノーベル賞受賞者の博士号取得期間が,平均よりもだいぶ短いことがよくわかります。例えば,ジョン・ナッシュが2年,ジョセフ・スティグリッツポール・クルーグマンアルヴィン・ロスロジャー・マイヤーソンが学士号の取得から3年,ゲイリー・ベッカーユージン・ファーマが,学士号の取得から4年となっています。

via National Science Foundation

米国においてアクティビストが委任状合戦で取締役を成功裏に選任した事例

The Portnoys were paid $77.3 million in 2012, up from $59.7 million in 2007. CommonWealth’s stock, meanwhile, declined 68 percent in the five years before Corvex and Related arrived.

  • CommonWealth REIT, Current Report (Form 8–K) (Mar. 24, 2014 08:14:28)

On March 18, 2014, Related Fund Management, LLC and Corvex Management LP (together, “Related/Corvex”) delivered to the Company what they have represented to be written consents from holders of 96,560,350, or approximately 81%, of the Company’s outstanding common shares consenting to the proposal by Related/Corvex to remove, without cause, Barry M. Portnoy, Adam D. Portnoy, Joseph L. Morea, William A. Lamkin, Frederick N. Zeytoonjian, Ronald J. Artinian and Ann Logan as Trustees of the Company and any other person or persons elected or appointed to the Board of Trustees of the Company prior to the effective time of the proposal (the “Removal Proposal”).

via Steven Davidoff Solomon

外形基準に対する規則提案

証券取引委員会による規則制定権限

新興企業活性化法503条は,取引所法12条(g)項(5)項1 に基づき「名義保有者」(held of record)という定義を,新興企業活性化法502条を反映するために,修正しなければならない旨,定めてます2 。証券取引委員会は,更に,証券法5条の登録義務の対象にならない従業員報酬プランとして受け取った証券が,証券保有者に該当するか否かについてのセーフハーバーを策定しなければなりません3 。同様に,新興企業活性化法602条4 は,証券取引委員会が同法601条について,同法成立後1年以内に規則を制定しなければならないと定めています。

証券取引委員会による規則提案

2014年12月18日,証券取引委員会は,新興企業活性化法の第5編および第6編に関する規則を提案しました5

同規則提案の詳細は省略しますが,証券法規則405条(17 C.F.R. Section 230.405)の外国民間発行者(foreign private issuer)における議決権割合の計算方法,取引所法規則3b–4 (17 C.F.R. Section 240.3b–4)における議決権割合の計算方法,取引所法12条(b)項および(g)項の詳細を定める同法規則12g–1 (17 C.F.R. Section 40.12g–1),同規則12g–2 (17 C.F.R. Section 240.12g–2),同規則12g–3 (17 C.F.R. Section 240.12g–3),同規則12g–4 (17 C.F.R. Section 240.12g–4),同規則12g5–1 (17 C.F.R. Section 240.12g5–1),取引所法15条(d)項に基づく継続開示義務の停止に関する同法規則12h–3 (17 C.F.R. Section 240.12h–3)が改正提案の対象となっています。

  1. 証券取引委員会に対して,規則を以て,名義保有者の定義をする権限を与える。 []
  2. JOBS Act, Section 503 (“SEC. 503. COMMISSION RULEMAKING. The Securities and Exchange Commission shall revise the definition of “held of record” pursuant to section 12(g)(5) of the Securities Exchange Act of 1934 (15 U.S.C. 78l(g)(5).) to implement the amendment made by section 502. The Commission shall also adopt safe harbor provisions that issuers can follow when determining whether holders of their securities received the securities pursuant to an employee compensation plan in transactions that were exempt from the registration requirements of section 5 of the Securities Act of 1933.”). []
  3. JOBS Act, Section 503. []
  4. JOBS Act, Section 602 (“SEC. 602. RULEMAKING. Not later than 1 year after the date of enactment of this Act, the Securities and Exchange Commission shall issue final regulations to implement this title and the amendments made by this title.”). []
  5. Proposed Rule, Changes to Exchange Act Registration Requirements to Implement Title V and Title VI of the JOBS Act, Securities Act Release No. 9,693 (Dec. 18, 2014). []

Shareholder Rights Projectについての議論

Harvard大学のShareholder Rights Projectは,期差選任の上場会社を減少させるという成果を短期間で挙げたため,注目される存在だと思います。同プロジェクトの活動の合法性について疑義を表する論文が,スタンフォード大学の教授および現役の連邦証券取引委員会の委員から呈されました。

続きを読む

附属定款と企業統治

デラウェア州最高裁判所のRidgely裁判官による講演です。

Since the Court’s decision in ATP Tour, a number of commentators have assumed that it applies equally to for-profit, stock corporations.76 The Delaware Supreme Court did not say that in ATP Tour, so this remains an open question. …

Several companies have adopted one-way fee-shifting bylaws in the wake of ATP Tour despite the current uncertainty surrounding their validity. …

Another category of bylaw generating discussion, but not yet litigation in Delaware, is a mandatory arbitration bylaw covering intra-corporate disputes that waives a shareholder’s right to a class action. Some commentators have concluded that a board has the unilateral power to do this after the Boilermakers decision. However, in Boilermakers, then-Chancellor Strine expressly noted that the bylaw at issue did not regulate whether the stockholder may file suit.

via Delaware Litigation Blog