附属定款中の強制仲裁条項

 米国で 附属定款の中に強制的な仲裁条項を置くということについて、議論が活発になっています。

 この議論は、比較法の検討としても興味深いです。また、比較法の論点に加えて、会社法や金商法の強行法規性の問題として捉えれば、より本格的な論文のテーマにもなりうるように思います。

 また、この議論は、Sciabacucchi v. SalzbergCyan Inc. v. Beaver County Employees Retirement Fundの影響もあるようで、複眼的に捉えると米国の法制度の特徴が明らかになって面白いように思えます。

via SEC, Jay Clayton, Cooley, Alison Frankel, Bernstein Litowitz Berger & Grossmann LLP, Allen & Overy, Cooley

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください