フェアネス・オピニオンについて

Lucy in the Box

Kirkland & Ellisのパートナーによるフェアネス・オピニオンに関する記事で,次の事件が採りあげられています。

  • In re BioClinica, Inc. S’holder Litig., 2013 WL 5631233 (Del. Ch. Oct. 16, 2013) (Glasscock, V.C.)

  • Koehler v. NetSpend Holdings Inc., 2013 WL 2181518 (Del. Ch. May 21, 2013) (Glasscock, V.C.)

今後,会社法学の中でフェアネス・オピニオンの重要性が増すと思っているので,興味深く拝見しました。

In a decision in this case last week, the court decisively rejected this attempt to exploit the Netspend decision and easily distinguished the two cases. In Netspend, there was a single-bidder process, no market check and standstills that included “don’t ask, don’t waive” provisions. By contrast, in BioClinica, there was a full pre-signing market canvas and no “don’t ask, don’t waive” standstills.

2つの事案を以上のような理由でdistinguishするのは,適切でしょうか。fairness opinionがweakであることが問題の根源にあるのであれば,上述の要素は,関係無いようにも思えます。上述のような文脈の中で,fairness opinionが評価されなければならないといえば,確かに,そうなのかもしれませんが,文脈によってweakなfairness opinionがstrongになるとも思えないのです。

via HLS