アサイド

A. Mitchell Polinsky, An Introduction to Law and Economics (5th ed. 2018)

An Introduction to Law and Economics Image

 学部の法の経済分析の講義でこの教科書を種本として用いました。法の経済分析についての網羅的な検討はできませんが、議論が明晰でわかりやすいので、学部の2単位の授業の教科書又は授業の種本として使うには良いと思います。

法と経済学の未来

 シカゴ大学の教授陣が2011年に法と経済学の未来についてのエッセーを執筆している。Richard Posner裁判官及びBecker教授の随筆など、興味深いものが多いが、Eric Posner教授の随筆で興味深い記述があった。

 曰く、法と経済学が支配している法分野として、次の法律分野を挙げる。

  • 契約
  • 商法
  • 破産法
  • 独占禁止法
  • 会社法
  • 証券法

 支配的ではないが影響を与えている法律分野は、次の通りである。

  • 不法行為法
  • 刑法
  • 財産法
  • 民事訴訟法

 法と経済学があまり進展しなかった分野として、次の分野を挙げる。

  • 憲法
  • 移民法
  • 行政法
  • 国際法

 米国ではどの法律分野も一定程度法と経済学の影響を受けているように思えたが、濃淡はあるようだ。

Also Professor Wright

William W. Bratton, The Separation of Corporate Law and Social Welfare (2017)

It is often said today that, as a matter of economics, shareholder value enhancement proxies as social welfare enhancement. But my essay shows the association to be false. It is also said that shareholding has been democratized, aligning the shareholder interest with that of society as a whole. But this proposition also is false. Although more people have interests in shares, the shareholder interest retains substantially the same upper bracket profile that characterized it at the end of World War II.

Corporate law, thus separated from social welfare, today provides a framework well-suited to attainment of shareholder objectives, which in fact have been realized for the most part. If the practice continues to evolve in this mode, the field of corporate law can be expected to fall away from public policy margin and evolve as a narrow private law domain.

via Columbia Law School