MFW-M&F-Swomley

Francis Pileggi writes:

A recent Delaware Supreme Court decision, in a one-page Order, affirmed a decision by the Court of Chancery that appears to have been the first application of a deferential standard announced by Delaware’s high court in the case of Kahn v. M & F Worldwide Corp., Del. Supr., No. 334, 2013 (March 14, 2014), highlighted on these pages. The one-page en banc Order of affirmance was entered in the matter of Swomley v. Schlecht, et al., [SynQor], No. 180, 2015, Order (Del. Nov. 19, 2015).

失敗したクラウドファンディングプロジェクト

あのRobotic Dragonfly[ロボットトンボ]を覚えているだろうか? その小さなドローンはクラウドファンディング創成期のサクセスストーリーの一つとして、2012年にIndiegogoで100万ドルの支援金を集めた。当時クラウドファンドで100万ドル以上を集めた初めてのガジェットだった。プロジェクトは、鳥のように飛び、虫のようにホバリングする小さなロボットを ― わずか99ドルで ― 約束した。諸君、残念なニュースがある。その小さなドローンは計画通りには離陸しない。
… クラウドファンドされたガジェットが出荷されないのはこれが初めてではない。むしろトレンドになりつつある。Pirate3Dは、簡単に使えて低価格な3Dプリンターを約束したが、Kickstarterで受けた注文を満たす前に現金が尽きた。