10b5-1計画について

既に10b5-1計画については,既に,いくらかの議論がありますが,Fried Frankのメモランダムを紹介します。これまでのごく簡単なまとめとして使えると思います。

2016年3月30日追記

Guide to Public ADR Offerings in the United States

東京証券取引所の流動性に鑑みて,日本企業は,直接株式を発行することが多いと思いますが,よくまとまっていると思います。また,株式募集に興味がなくても,ADR一般についても参考になると思います。

p値の価値

himaginary氏がp値について取り上げています。この中で,Philip B. Starkが次のように述べております(訳は,himaginary氏のもの)

 科学の進歩の一部は、データに関する説明の候補を除外することから成り立っている。p値は、ある説明が適切かどうかを評価する助けとなる。評価の対象となる説明は「帰無仮説」と呼ばれることが多い。
 もしp値が小さければ、説明が誤っているか、説明は正しいが何か起こり難いことが起きたか、のいずれかである。その起こり難いことの確率はp値に等しい。小さなp値は説明が誤っている強い証拠である。即ち、データはその説明に疑義を投げ掛けている、ということである。
 もしp値が大きければ、その説明はデータを適切に表現している。ただ、それでもその説明が誤っている可能性はある。大きなp値は説明が正しい証拠にはならない。説明が誤っている証拠の欠如は、説明が正しい証拠ではないのだ。もしデータが少量もしくは低品質ならば、あまり証拠を提供することはできず、そこで話は終わる。
 説明が適切か否かの明確な線引きは存在しない。科学的な文脈が問題となるのだ。
 p値は説明が正しいと仮定して計算される。p値は説明が正しい確率ではない。
 p値は効果の大きさないし重要性を測るわけではないが、実際の効果と偽の効果を区別する助けになる。その点で、効果量や信頼区間の推計を補完する。
 また、p値は、「効果量」という概念が意味を持たない状況でも使用できることがある。そのため、効果量や信頼区間の推計が役に立たない状況でも役に立つ可能性がある。…
 多くの分野や多くの学術誌では、p値が0.05のようなある閾値より低い場合、そしてその場合のみ、結果が科学的に立証された、と見做している。これは科学としても統計学としても劣悪なやり方であり、pハッキングや選択的報告や多重性の無視や不適切ないし不自然な帰無仮説といった方法で分析を「弄ぶ」インセンティブを研究者に与えてしまう。
こうした誤用は、後で間違いであることが明らかになったり再現ができなかったりする科学的「発見」につながりかねない。それが現在の科学の「再現性危機」の一因となったのである。

マンキュー経済学の十大原理への修正

himaginaryさんの日記にて翻訳を読むことができます。例として,トレードオフ原理については,「フリーランチというものは無いが、時々サンドイッチを掠めることはできる」とされています。

トレードオフ原理

フリーランチというものは無いが、時々サンドイッチを掠めることはできる*2。

(標準版)人々はトレードオフに直面している:あるものを得るためには何かを諦めなくてはならない。意思決定においてはある目標と別の目標を引き換えにすることが要求される。

himaginaryさんの日記では,Mankiw教授からの反論の要約も掲示されておられます。

via himaginaryの日記

デラウェア州最高裁判所の口頭弁論のライブストリームビデオ

デラウェア州の最高裁判所が、口頭弁論のライブストリームビデオを公開しています。詳しく覚えていませんが、従前は、インターネット上では録音のみで映像はなかったように思えます(CourtTVやその他のオンラインサービスのような場所で見ることができたとは思います)。なんにせよ、無料で気軽に見ることができるのは良いことであるように思えます。