Professor A. Douglas Melamed

Property Rules, Liability Rules and Inalienability: One View of the Cathedral, 85 Harv. L. Rev. 1089 (1972)を読んだ者が,その筆者に興味を抱く可能性は,どれぐらいあるでしょう。カラブレジ教授は,あまりに高名で,検索をすれば直ぐにそのご経歴や論文の一覧を入手することができます。では,その共著者であるA. Douglas Melamedという方は,どのような方なのでしょうか。私が初めてこの論文を読んだ時に,少し調べた印象では,どうやら弁護士をやっているようだということくらいでした。その後,2014年からStanford大学で教えているらしいということを今日知りました。何気なく見始めたビデオで,Melamed教授が出てきたので,天然記念物か絶滅危惧種を見たような気分になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください