M&Aは価格を上げるが効率性は上げない

himaginary氏が表題の記事を掲載しています。himaginary氏による,Bruce A. BlonigenとFRBのJustin R. Pierceの「Evidence for the Effects of Mergers on Market Power and Efficiency」の要旨の抄訳は,次の通り。

企業の合併と買収(M&A)が生産性と市場支配力に与える影響の研究は、その2つの効果を分離するのが難しいことから困難なものとなっていた。我々は新たに開発された技法を使い、工場レベルの詳細なデータを用いて様々な産業における生産性と値上げを別々に推計した。差の差分析の枠組みを適用したところ、M&Aが平均的な値上げ幅の増加に結び付いていることを見い出したが、工場レベルの生産性の効果についての証拠は見い出すことができなかった。M&Aが、生産をより効率的な工場に割り当て直したり、管理業務を減らしたりすることによって効率性を上昇させるか、という点についても調べたが、そうした経路についても平均的には証拠は得られなかった。企業の合併の決断の内生性という問題に対処するため様々な手法を採ったが、この結果はそれに対し頑健であった。

普遍的な委任状(universal proxy cards)の強制適用について

The Securities and Exchange Commission today voted to propose amendments to the proxy rules to require parties in a contested election to use universal proxy cards that would include the names of all board of director nominees.

米国におけるdecimalizationからの離脱に関するパイロットプログラム

SBI証券からのお知らせ

 このたび、米国株式の取引において、2016/10/3(月)の現地取引発注分より、米国証券取引所(NYSE、およびNASDAQを含む)において、取引所の対象条件を満たした一部の小型銘柄に関して、ティックサイズ(呼値の刻み)を拡大するためのパイロット・プログラム(試験運用)が順次開始されます。

 米国株式の取引の呼値単位は通常0.01ドルとなりますが、基準を満たし、取引所で選定された銘柄につきましては、呼値0.05ドル以外(0.05ドルの倍数は除く)で発注された場合、当社では受付いたしますが取引所にて「失効」となるおそれがございます。ご注文の際はご留意くださいますようお願いいたします。

 パイロット・プログラムの状況、詳細等に関しては、情報のアップデートを確認次第、WEBサイト等でお知らせいたします。

See also WSJ, Investor Advisory Committee

Salman v. United States

Stanford Law ReviewがSalman v. United Statesについて、オンラインシンポジウムを開催しています。以下の5名の著者のエッセーが読めます。

続きを読む

米国最高裁判所OT2016について

D&O Diary writes:

Salman v. United States: Among the cases that this blog’s readers will be most interested to watch is the insider trading case, Salman v. United States. This case comes to the Supreme Court following the Ninth Circuit’s decision affirming the insider trading conviction of Bassam Yacoub Salman, who traded on tips from the brother of a former Citigroup investment banker. This case will be the U.S. Supreme Court’s first insider trading case since 1997. The case will consider the personal benefit doctrine, and in particular will decide whether a person who leaks inside information have to receive a pecuniary benefit for someone who trades on the tip to be liable for insider trading, or whether a gift or other social benefit is enough?

Cyan, Inc. v. Beaver County Employees Retirement Fund: Another case that the Court has been asked to consider this term involves the question of whether or not plaintiffs retain the right to bring liability actions under the ’33 Act in state court, under the Act’s concurrent jurisdiction provisions, or whether SLUSA eliminated state court jurisdiction for class action lawsuits brought under the ’33 Act.