1934年証券取引所法に関する実証分析

 今どきStigler先生、Benston先生、Manne先生だけに依拠して、情報開示の強制を否定するという議論を展開することはないと思いますが、これらの論文は、影響力の大きいというのは事実でしょう。私は、Joel Seligman, Historical Need for a Mandatory Corporate Disclosure System, 9 J. Corp. L. 1 (1983)で、これらの議論には十分反論がされていると考えているのですが、現代的な手法に基づいて実証研究を行い、当時の影響について結論を得ることができればと願っていました。この点に関する最近の論文が、最近、SSRNにポストされました。

We examine whether the Securities Exchange Act of 1934 increased the information provided in accounting disclosures. Prior research examining the effects of the Act generally relies on long- window tests and yields mixed results. We improve upon prior designs by examining return, return volatility, and trading volume reactions to earnings news during short earnings announcement windows, which mitigates concerns that our results are driven by confounding events. Further, we employ a difference-in-differences design to control for potential contemporaneous structural changes. We document that the informativeness of earnings announcements of treatment firms (that withheld disclosure before the Act) increases relative to control firms (that disclosed voluntarily before the Act). The results are pronounced for large firms (higher regulatory scrutiny) and firms that do not pay dividends (possibly facing higher agency costs), and are symmetric for positive and negative earnings news.

 本論文は、情報の有用性は、示したものの、株主(社会)厚生の改善までは示していません。その点で、有用性に限界がありますが、それまでの実証研究から一歩踏み出した結果を示している点で、大変、興味深いものだと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください