MacTeX 2021へのアップグレード

 私は、未だに、M1 Macを所有しておりませんので、以下は、Intel Macについてということになりますが、M1 Macでも同じかもしれません。前年度より、x86_64-darwinがuniversal-darwinに変わるという変更があります。今の所、これで特段問題なく使えているように思えます。

$ brew install --cask mactex-no-gui

$ brew install --cask texshop

$ sudo tlmgr option repository ctan

$ sudo tlmgr option repository http://ftp.jaist.ac.jp/pub/CTAN/systems/texlive/tlnet

$ sudo tlmgr update --self --all

$ sudo tlmgr paper a4

$ sudo /usr/local/texlive/2021/bin/universal-darwin/tlmgr path add

$ sudo tlmgr repository add http://contrib.texlive.info/current tlcontrib

$ sudo tlmgr pinning add tlcontrib '*'

$ brew install gnupg

$ curl -fsSL https://www.preining.info/rsa.asc | sudo tlmgr key add -

$ sudo tlmgr install japanese-otf-nonfree ptex-fontmaps-macos cjk-gs-integrate-macos japanese-otf-uptex-nonfree

$ sudo cjk-gs-integrate --cleanup --link-texmf

$ sudo cjk-gs-integrate-macos --force --link-texmf

$ sudo mktexlsr

$ kanji-config-updmap status

$ sudo kanji-config-updmap-sys toppanbunkyu-highsierra

補遺1:mirror.ctan.orgに上手くアクセスできないために、jaistを指定しています。

補遺2:gpgのエラーが発生しましたが、 brew reinstall –cask mactex-no-guiでことなきをえました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください