1ドル札のデザイン

 米国における一ドル札のデザインは、次のようなものです。

 金融法学会の海外金融法の動向[アメリカ]のための調べ物をしていて、米国で2020年12月27日に成立したConsolidated Appropriations Act, 2021の中に含まれる「Financial Services and General Government Appropriations Act, 2021」に含まれる「Administrative Provisions—Department of the Treasury」の中に次のような条文を見つけました。

SEC. 114. None of the funds appropriated in this Act or otherwise available to the Department of the Treasury or the Bureau of Engraving and Printing may be used to redesign the $1 Federal Reserve note.

 要は、1ドル札のデザインを変えるなということです。なぜ、1ドル札のデザインにこだわるのか、なぜ、指定されているのが1ドルだけなのか(この条文の起草者は、ワシントンのファンではあるけれども、ジェファーソン(2ドル札)、リンカーン(5ドル札)、ハミルトン(10ドル札)、ジャクソン(20ドル札)、グラント(50ドル札)、フランクリン(100ドル札)のファンではないということだろうか)、など、疑問が湧いてきます。誰かのこだわりなのでしょうか。こういう条文は、誰の目にも触れずに、歴史に埋もれていくのでしょうけれど、面白いと思ったので光をあててみました。できるものなら、この条文の起草者に話を聞いてみたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください