Goldman Sachs v. Arkansas

The U.S. Supreme Court is set to hear Goldman Sachs v. Arkansas next month (oral argument is scheduled for March 29). The questions presented in the case are:

(1) Whether a defendant in a securities class action may rebut the presumption of classwide reliance recognized in Basic Inc. v. Levinson, 485 U.S. 224 (1988), by pointing to the generic nature of the alleged misstatements in showing that the statements had no impact on the price of the security, even though that evidence is also relevant to the substantive element of materiality.

(2) Whether a defendant seeking to rebut the Basic presumption has only a burden of production or also the ultimate burden of persuasion.

via 10b-5 Daily

コンマの読点への置換

ten()
{
    if [ -e TEN ]; then
	echo "TENという名前のディレクトリが存在します。"
	echo "既にこのスクリプトを実行したことがあるのではないでしょうか。"
	echo "もし、このスクリプトを再度実行したいのであれば、予めTENという名前のディレクトリを削除してから再実行してください。"
	exit 1
    else
	mkdir TEN
	if [ $? -eq 0 ]; then
            echo "TENというディレクトリを作成しました"
	else
            echo "エラー:TENというディレクトリが作成できませんでした。終了します。"
	    exit 1
	fi
    fi

    if [ -e COMMA ]; then
	echo "COMMAというディレクトリが存在します。"
	echo "既にこのスクリプトを実行したことがあるのではないでしょうか。"
	echo "もし、このスクリプトを再度実行したいのであれば、予めCOMMAという名前のディレクトリを削除してから再実行してください。"
	exit 1
    else
	mkdir COMMA
	if [ $? -eq 0 ]; then
            echo "COMMAというディレクトリを作成しました"
	else
            echo "エラー:COMMAというディレクトリが作成できませんでした。終了します。"
	    exit 1
	fi

    fi

    ls *.tex |
	while read LINE; do
            WO_EXT=${LINE%.*}
            sed -e 's/,/、/g' $LINE > TEN/${WO_EXT}.tex
            echo "${LINE} :コンマを読点に置換しました。"
            mv ${LINE} COMMA
	done
}

The Evolution of Delaware Freezeout Law

  • From UOP to MFW: The Evolution of Delaware Freezeout Law

 Kahan先生の講義や指導教授のゼミでGuhan Subramanian, Fixing Freezeouts, 115 Yale L.J. 2 (2005)を購読したときのことを思い出しました。この分野は、判例法理の紹介が進んでいますし、ある程度研究も進んでいるように思いますが、ただ、その理論的な根拠はそれほど強固ではないように思います。ただ、理論的な研究を進めるためのとっかかりも簡単には思いつきません。2年以内にこの分野かMBOで論文を1つ書きたい(願望)なのですが、どうでしょうか。

続きを読む

Cede v. Technicolor

  • The Foundations of Delaware Corporate Law: Cede v. Technicolor

 大変興味深く拝見しました。

  • Cede & Co. v. Technicolor, Inc., 542 A.2d 1182 (Del. 1988) (“Technicolor I”)
  • Cede & Co. v. Technicolor, Inc., 634 A.2d 345 (Del. 1993), modified, 636 A.2d 956 (Del. 1994) (“Technicolor II”)
  • Cinerama, Inc. v. Technicolor, Inc., 663 A.2d 1156 (Del. 1995) (“Technicolor III”)
  • Cede & Co. v. Technicolor, Inc., 684 A.2d 289 (Del. 1996) (“Technicolor IV”)
  • Cede & Co. v. Technicolor, Inc., 758 A.2d 485 (Del. 2000) (“Technicolor V”)
  • Cede & Co. v. Technicolor, Inc., 884 A.2d 26 (Del. 2005) (“Technicolor VI”)

Blaszczak vacated

If the Second Circuit concludes that, after Kelly, confidential government information does not constitute property, the Court could reverse the convictions on this ground while leaving unaddressed its prior holding that there is no personal benefit requirement in Title 18 insider trader cases. As the petitioners warned the Supreme Court, prosecutors in this scenario would likely treat this silence as a green light to continue to charge insider-trading crimes where there is little to no evidence of a personal benefit to the tipper, or tippee knowledge of that benefit. Of course, under such circumstances, prosecutors would not have the benefit of Blaszczak to rely on, and thus there could be litigation risk to the government depending on the facts of the particular case.

米国証券取引委員会職員のコメントTop 10

 Ernst & Youngによると米国証券取引委員会の職員は、定期的に年次報告書等にコメント(質問)をしてきます。最近、質問事項が多いのは、次の点に対するもののようです。

  1. Non-GAAP financial measures
  2. Management’s discussion and analysis
  3. Revenue recognition
  4. Segment reporting
  5. Fair value measurements
  6. Intangible assets and goodwill
  7. Contingencies
  8. Inventory and cost of sales
  9. Income taxes
  10. Signatures/exhibits/agreements  

 開示事項としての重要性や虚偽記載の発生しやすさを反映しているように思えます。

via The Corporate Counsel, Ernst & Young

Modern Monetary Theory

流行りは過ぎてしまったのですが、備忘録として残しておきます。

Before the next hot take on how MMT is leading to a rethinking of macroeconomics, take a look at the evidence.

The only real debate is between those who disagree with its policy prescriptions, and those who strongly disagree.https://t.co/iKpF9Ylj9u pic.twitter.com/BuOSSkARHQ— Justin Wolfers (@JustinWolfers) March 13, 2019

via Olivier Blanchard, Justin Wolfers

財産権制度の測定

himaginary氏による要約の和訳は次の通りです。

標準的な財産権の括りにおいて、異なる要素――所有権と譲渡権など――は都市開発などの結果にどのように違う形で影響するだろうか? 本稿は、確定していない財産権を都市の地価と密度の標準的なモデルに織り込み、土地と財産への投資、未登記の状況、および土地の利用の効率性に関して予測を行う。我々の実証分析では、190ヶ国の土地の登記と譲渡に関する制度データを、様々な都市の最終形態と結び付けた。実証結果は概ねモデルの予測と整合的であり、より大きくはデムゼッツ(1967)の財産権制度のアプローチと整合的である。実際のところ、我々は、譲渡を円滑化する制度の質が世界全体で時間と共に改善したことを立証した。

弱い所有権は、より良い住宅を建てたり、より多くの土地を保有したりするインセンティブを減じる。登記の制限と都市のスラムとの間の実証的な結び付きは、我々の理論に沿うものである。財産の譲渡可能性の制限は、職場と居住地のマッチングを難しくする。財産譲渡に必要な手続きの数と交通渋滞との間の実証的な結び付きもまた、我々のモデルと整合的である。我々はまた、住宅ローン金融の発達は登記と譲渡の両制度に依拠するが、特に後者に依拠することを示した。

via himaginary

For Whom is the Corporation Managed?

  • Moderator
    • Edward Rock, Martin Lipton Professor of Law; Director, Institute for Corporate Governance & Finance, NYU School of Law
  • Panelists:
    • Martin Lipton ’55, Partner, Wachtell, Lipton, Rosen & Katz; Trustee and Adjunct Professor, NYU School of Law
    • Kathryn King Sudol ’98, Partner, Simpson Thacher & Bartlett; Trustee, NYU School of Law
    • Anthony Welters ’77, Executive Chairman, BlackIvy Group; Chairman Emeritus, NYU Law Board of Trustees