証券クラス・アクションに関するシンポジウム

ニューヨーク大学で行われた証券クラス・アクションに関するシンポジウムのビデオです。

続きを読む

原告の敗訴者負担を定める付属定款(fee-shifting bylaws)

Davis Polkのブログの記事が興味深いので,以下の通り引用します。

24 companies have adopted fee-shifting bylaws since May, according to Professor John Coffee in his testimony before the SEC Investor Advisory Committee. … Professor Coffee criticizes fee-shifting bylaws for being generally one-sided, reimbursing successful defendants but not successful plaintiffs, unlike the English Rule.

It appears that the SEC has not weighed in on fee-shifting bylaws so far. As described in this Reuters blog, at least two IPOs with fee-shifting provisions have been completed. There has been criticisms not only about the substance of those provisions, but also the disclosure surrounding their existence.

via Davis Polk, Alison Frankel, J. Robert Brown, Jr., John C. Coffee, Jr.

アクティビスト株主が協力する企業買収とインサイダー取引 (2)

副題をつけるのであれば,米国におけるインサイダー取引規制のループホールの話題ということでしょうか。ループホールは言い過ぎかもしれませんが,「アクティビスト株主が協力する企業買収とインサイダー取引」で取り上げたValeant社とPershing SquareによるAllergan社への買収提案について,その後の議論を紹介します。

判例法理が変わるものではないですが,興味深い事例だと思います。