アクティビスト株主が協力する企業買収とインサイダー取引(3)

時期を逸してしまいましたが,今更気づいたので採り上げておきます。Valeant PharmaceuticalsとPershing SquareによるAllerganに対する買収提案に関して,Allerganがインサイダー取引違反として,連邦裁判所に訴えたようです。

訴えの内容は,取引所法14条(a)項,14条(e)項,13条(d)項および20A上違反を訴えています。これらに基づいて,違法に購入した株式購入の解除(rescind [] purchases)を含めた宣言的または衡平法上の救済,損害賠償および差止めを求めています。

Allerganの代理人がLatham and Watkins LLPおよびWachtell Lipton Rosen and Katzで,Valeantの代理人がSullivan and Cromwell LLPで,Pershing Squareの代理人がKirkland and Ellis LLPです。

via N.Y. Times Dealbook, Allergan press release, Justia

アクティビスト株主が協力する企業買収とインサイダー取引 (2)

副題をつけるのであれば,米国におけるインサイダー取引規制のループホールの話題ということでしょうか。ループホールは言い過ぎかもしれませんが,「アクティビスト株主が協力する企業買収とインサイダー取引」で取り上げたValeant社とPershing SquareによるAllergan社への買収提案について,その後の議論を紹介します。

判例法理が変わるものではないですが,興味深い事例だと思います。