In Pursuit of the Perfect Portfolio: Eugene F. Fama

via Barry Ritholtz

  • 効率的市場仮説(efficient market hypothesis)という名称について

FAMA: A kind of bad choice though.

LO: Why do you say that?

F: Because it gets mixed with efficient portfolios. …. I don’t know what is the alternative.

Shiller教授による市場の効率性

何度も同じものを読まされるのに飽きているかもしれませんが,New York Timesに掲載されたShiller教授の説明であれば,一読の価値があるかもしれません。

Actually, I do not completely oppose the efficient-markets theory. I have been calling it a half-truth. If the theory said nothing more than that it is unlikely that the average amateur investor can get rich quickly by trading in the markets based on publicly available information, the theory would be spot on. … But the theory is commonly thought, at least by enthusiasts, to imply much more. Notably, it has been argued that regular movements in the markets reflect a wisdom that transcends the best understanding of even the top professionals, and that it is hopeless for an ordinary mortal, even with a lifetime of work and preparation, to question pricing. Market prices are esteemed as if they were oracles.

himaginary氏の日記にて,抄訳をご覧いただけます。また,himaginary氏の日記において,Shiller教授の心理学者との出会いが紹介されています。こちらもどうぞ。

via himaginaryの日記, N.Y. Times

ファーマ「価格変化がランダムであることと市場効率性が等価だと皆が思っていた時期も昔はありました」

himaginary氏曰く

市場の効率性の概念がはっきりしてくるに連れ、以前に私が開発した取引ルールがサンプル外では機能しなかった理由は、価格変化がランダムだから、ということに気付いた。当時の人々は、そうした価格変化のランダム性が効率的市場の意味するところだと考えていた。今の我々はそうではないことを知っている。市場の効率性が意味するのは、現時点で利用可能な情報では均衡期待リターンからの逸脱は予測できない、ということである。しかし、均衡期待リターンは時間を追って予測可能な形で変化し得る。その場合、価格変化が完全にランダムになるとは限らない。

himaginary氏の最近の更新は,市場の効率性に関するものが散見されて,それがどれもとても興味深いです。

via himaginaryの日記

2013年のノーベル経済学賞

Nobel Economics 2013

2013年のノーベル経済学賞の受賞者が, Eugene F. Fama教授,Lars Peter Hansen教授およびRobert J. Shiller教授の3名と決定しました

Fama教授が受賞できた点も不安があったので嬉しいですが,著書を読んで大きな影響を受けたShiller教授の受賞が特に嬉しいです。

  • Robert J. Shiller shares 2013 Nobel Prize in Economic Sciences

  • Fama and Hansen Discuss Winning Nobel Memorial Prize in Economics

  • Lars Peter Hansen on Winning Nobel Memorial Prize in Economics