財産権制度の測定

himaginary氏による要約の和訳は次の通りです。

標準的な財産権の括りにおいて、異なる要素――所有権と譲渡権など――は都市開発などの結果にどのように違う形で影響するだろうか? 本稿は、確定していない財産権を都市の地価と密度の標準的なモデルに織り込み、土地と財産への投資、未登記の状況、および土地の利用の効率性に関して予測を行う。我々の実証分析では、190ヶ国の土地の登記と譲渡に関する制度データを、様々な都市の最終形態と結び付けた。実証結果は概ねモデルの予測と整合的であり、より大きくはデムゼッツ(1967)の財産権制度のアプローチと整合的である。実際のところ、我々は、譲渡を円滑化する制度の質が世界全体で時間と共に改善したことを立証した。

弱い所有権は、より良い住宅を建てたり、より多くの土地を保有したりするインセンティブを減じる。登記の制限と都市のスラムとの間の実証的な結び付きは、我々の理論に沿うものである。財産の譲渡可能性の制限は、職場と居住地のマッチングを難しくする。財産譲渡に必要な手続きの数と交通渋滞との間の実証的な結び付きもまた、我々のモデルと整合的である。我々はまた、住宅ローン金融の発達は登記と譲渡の両制度に依拠するが、特に後者に依拠することを示した。

via himaginary