いわゆるレギュレーションA+規則の提案について

証券取引委員会が2013年12月18日にレギュレーションA+の規則提案を行うようです。JOBS Actに基づく規則制定の中でも優先度が低そう(実際に使われなそう)なので,意外と言わざるを得ません。

via TheCorporateCounsel.net

現在の証券規制における公開性について

先週と同じ,コロンビア大学の2012年のワークショップからです。Langevoort教授が証券規制における会社の公開性 (publicness)について議論しています。

via Columbia Law School

クラウドファンディング(7)—類似するプロジェクトと詐欺

クラウドファンディングにおける実行主体の意味

クラウドファンディングのサイトが複数あったり,一つのサイトに多くのプロジェクトが登録されている場合,似通ったものが出てくることがあります。そして,その似通ったプロジェクトの両方がクラウドファンディングで資金を調達することができたとします。

続きを読む

クラウドファンディング(6)—証券法4条(a)項(6)号

新興企業活性化法により改正された証券法の条文の概要

証券法4条(a)項(6)号

新興企業活性化法301条(a)項により新たに追加された証券法4条(a)項(6)号は,クラウドファンディングの基本的な要件を定めています。証券法4条は,「取引」類型に基づく,証券法5条からの免除を定めていますが,詐欺防止条項からの免除を定めているわけではありません。例えば,取引所法10条(b)項に基づく一般的な詐欺防止条項は,クラウドファンディングに基づく証券の売買にも適用されるでしょう。

続きを読む

クラウドファンディング(5)—新興企業活性化法の301条から305条の概要

新興企業活性化法(JOBS Act: Jumpstart Our Business Startups Act of 2012)で改正された証券法の条文の概要

新興企業活性化法のクラウドファンド関連条文は,第3編に位置しており,これは301条から305条までの5条文からなります。また,条文は,基本的に,1933年証券法を修正するものとなっています。まず,それぞれの条文が,証券法のどの部分を変更しているのかについて概観します。

続きを読む