米国証券規制

 米国証券規制の勉強を独学でするのは、難しいように思えます。ただ、金融商品取引法をある程度理解しているのであれば、母法である米国証券規制もある程度は独学できるようにも思えます。

 米国証券規制を勉強するのであれば、私の一押しは、James D. Cox, Robert W. Hillman, Donald C. Langevoort, Ann M. Lipton & William K. Sjostrom, Securities Regulation: Cases and Materials (9th ed. 2019)です(異論はあろうかと思います)。理由は、証券法制に対するメンテナンス具合が一番緻密だからです。版が変わると、細かいところが修正されていることが多く、それを実感できます。第9版で著者が増え、構成が少し変わった所があり、読者としては戸惑いもありますが、長期的には、その方が良いのでしょう。

 次に、挙げるべきは、John C. Coffee, Jr., Hillary A. Sale & Charles K. Whitehead, Securities Regulation: Cases and Materials (14th ed. 2020)でしょうか。こちらも定番でして、人によってはCHLLSよりもこちらの方を評価するかもしれません。確かに、ケースブックとしての伝統や格式は、こちらのほうが上であるように思えます。もとを辿るとRichard W. Jennings & Harold Marsh, Jr, Securities Regulation: Cases and Materials (1963)です。

 ここで、Stephen J. Choi & A.C. Pritchard, Securities Regulation: Cases and Analysis (5th ed. 2019)を挙げます。この書籍は、情報開示を中心に勉強するのであれば、十分な情報を提供するものと思います。しかし、業規制や他の分野の説明が十分ではないという欠点があります。実務家が情報開示を勉強する場合限定という感じでしょうか。

 次に、Hazen先生の著作です。Hazen先生の著作は、調べ物に向いているように思えます。

 最後に、Louis Loss, Joel Seligman & Troy Paredes, Securities Regulation (4th ed. 2006)とLouis Loss, Joel Seligman & Troy Paredes, Fundamentals of Securities Regulation (7th ed. 2018)に言及しておきます。前者は、学習用というよりは、調べ物のためだと思います。もちろん、証券規制を専門にするのであれば、前から読み進めるということもできると思いますが、どこまで論文の役に立つかは疑問です。後者は、前者よりは学習に向いていると思いますが、出版のタイミング等との関係で必要な情報が載っているのかご確認ください。権威があるので、論文執筆時に参照すると良いでしょう。

 また、幾つかの書籍が日本語で出版されております。論点を理解したり、全体像を掴むために最初に読むのに有益という気がします。

株式買取請求権と取引価格

In the last couple of years, at the Chancery Court, chancellors have started moving away from the view that the court will determine fair value without regard to the merger price. Now, in certain circumstances (where the deal price is a product of a competitive or robust sales price) chancellors may consider merger price as one of the relevant factors for purposes of determining fair value.

Now this question has found its way to the Delaware Supreme Court and the parties are lining up on both sides. There are even amici! Two sets of amici have rolled up: on the one side there are law professors arguing that the court should be able to presumptively rely on merger price to determine fair value in an appraisal proceeding unless that price does not result from arm’s length bargaining (DFC Holdings – Bainbridge, et al). On the other are law professors arguing requiring a court to rely on merger price to determine fair value would run counter to the language of the statutory appraisal remedy and also not always reflect fair value (DFC Holdings – Talley, et al.

DFC Globalの件では、既に、amicus breifを紹介しておりますが、引用されているもののうち後者のamicus briefは、次のような書き出しです。こちらのbriefも錚々たる教授陣です。私は、独立当事者間の株式買取請求権の公正な価格が、取引価格に縛られないと思っているので、後者のbriefに親近感を覚えます。

Appellant urges the Court to adopt a rule of law in appraisal proceedings that presumptively requires the Court of Chancery to defer exclusively to the transaction price unless that price does not result from an arm’s-length process. Amici disagree: Doing so would be a trifecta of bad law, bad economics, and bad policy.

via Brian JM Quinn