Go-Shops Revisited

The Original Study, which examined deals announced in 2006-07, reported that a higher bid emerged during the go-shop period 12.5% of the time (6 instances out of 48 go-shop deals). Using a new database of M&A transactions over the past nine years, we find that the jump rate in the 2010-2018 timeframe was 5.6% (6 out of 108 go-shops), declining to 2.5% (1 out of 40) in the period 2015-2018. The last successful go-shop in our sample occurred approximately three years ago, in January 2016, when II-VI Inc. successfully jumped GaAs Labs’ offer for ANADIGICS, Inc. during a 25-day go-shop period.

As one of us concluded in the Original Study, “go-shop provisions can be a better mousetrap’ in deal structuring – a `win-win’ for both buyer and seller.”  However, over the ensuing decade, a broader set of transactional planners distorted the go-shop technology in ways that achieve their clients’ objectives but no longer satisfy broader corporate law objectives of promoting allocational efficiency in the M&A marketplace. (footnote omitted)

via Harvard, SSRN

Martin Lipton Memos (2017)

  • Martin Lipton, Memos (2017)

 米国の組織再編法制の実務に影響を与え,また,近年では,企業統治の分野でも影響力を発揮している,Wachtell Lipton Rosen & Katzの弁護士であるMartin Lipton氏のメモランダムを集めたものです。Lipton氏のメモランダムは,教科書や論文などで引用されることがあるのですが,古いものについては原文を入手することが困難なことが多かったように思います。

 私は,ニューヨーク大学でWachtell Liptonの弁護士(David A. Katz氏とMark Gordon氏)による企業買収の講義を受講し,そこで幾つかのメモランダムが配られてから,Lipton氏のメモランダムを興味深く拝見してきました。本ブログでも,Lipton氏のメモランダムについて,度々言及しています。しかし,Lipton氏の執筆に係るメモランダムをすべて拝見したということではありませんでした。例えば,1988年11月3日の “The Interco Case” と題するメモランダムは,このPDFを見つけるまで拝見することができませんでした。このメモランダムは,Jeffrey N. Gordon, Corporations, Markets, and Courts, 91 Colum. L. Rev. 1931, 1959 n.95 (1991),Mark J. Roe, Delaware’s Competition, 117 Harv. L. Rev. 588, 626 (2003)などの論文で引用されています。今回,このメモランダムも含めて,Lipton氏の様々なメモランダムを読むことができるということで,紹介をいたします。デラウェア州会社法の歴史の実務の側面を垣間見ることができました。