財産権制度の測定

himaginary氏による要約の和訳は次の通りです。

標準的な財産権の括りにおいて、異なる要素――所有権と譲渡権など――は都市開発などの結果にどのように違う形で影響するだろうか? 本稿は、確定していない財産権を都市の地価と密度の標準的なモデルに織り込み、土地と財産への投資、未登記の状況、および土地の利用の効率性に関して予測を行う。我々の実証分析では、190ヶ国の土地の登記と譲渡に関する制度データを、様々な都市の最終形態と結び付けた。実証結果は概ねモデルの予測と整合的であり、より大きくはデムゼッツ(1967)の財産権制度のアプローチと整合的である。実際のところ、我々は、譲渡を円滑化する制度の質が世界全体で時間と共に改善したことを立証した。

弱い所有権は、より良い住宅を建てたり、より多くの土地を保有したりするインセンティブを減じる。登記の制限と都市のスラムとの間の実証的な結び付きは、我々の理論に沿うものである。財産の譲渡可能性の制限は、職場と居住地のマッチングを難しくする。財産譲渡に必要な手続きの数と交通渋滞との間の実証的な結び付きもまた、我々のモデルと整合的である。我々はまた、住宅ローン金融の発達は登記と譲渡の両制度に依拠するが、特に後者に依拠することを示した。

via himaginary

インサイダー取引の被害者について

New York Times Dealbookによるインサイダー取引の被害者に関する記事です。

Although the Justice Department did not oppose the request, it argued that the investors in Elan and Wyeth did not qualify as victims of SAC’s crimes, a term defined in the Crime Victims Rights Act as one who was “directly and proximately harmed” by the violation. A letter filed by the prosecutors stated that “an individual who happens to buy or sell securities at the same time as an insider trading defendant is not considered a ‘victim’ under the C.V.R.A. because that individual was denied the opportunity to make the same illegal profits obtained by the defendant.”

これにUCLAのBainbridge教授反応しています。次の部分は,正しいように思えます。

Fairness can be defined in various ways. Most of these definitions, however, collapse into the various efficiency-based rationales for prohibiting insider trading. We might define fairness as fidelity, for example, by which I mean the notion that an agent should not cheat her principal. But this argument only has traction if insider trading is in fact a form of cheating, which in turn depends on how we assign the property right to confidential corporate information. Alternatively, we might define fairness as equality of access to information, but this definition must be rejected in light of Chiarella’s rejection of the Texas Gulf Sulphur equal access standard. Finally, we might define fairness as a prohibition of injuring another. But such a definition justifies an insider trading prohibition only if insider trading injures investors, which seems unlikely for the reasons discussed in the next section. Accordingly, fairness concerns need not detain us further; instead, we can turn directly to the economic arguments against insider trading.

その他の部分の主張は傾聴に値すると思いますが,厳密に考えれば反論できそうにも思えます。

via N.Y. Times Dealbook, PB.com