Lorenzo v. Securities and Exchange Commission, 587 U.S. —, 2019 WL 1369839 (Mar. 27, 2019)

In this case, we consider whether those who do not ‘make’ statements (as Janus defined ‘make’), but who disseminate false or misleading statements to potential investors with the intent to defraud, can be found to have violated the other parts of Rule 10b–5, subsections (a) and (c), as well as related provisions of the securities laws, §10(b) of the Securities Exchange Act of 1934, 48Stat. 891, as amended, 15 U.S.C. §78j(b), and §17(a)(1) of the Securities Act of 1933, 48Stat. 84–85, as amended, 15 U.S.C. §77q(a)(1). We believe that they can.

  • Kavanaugh裁判官は、下級審の判決に参加しているため不参加。6対2で、原審を維持。

via Lyle Roberts, Kevin M. LaCroix, Sheppard Mullin, SCOTUSblog, Oyez, Fried Frank, Reuters, Cleary Gottlieb, Ropes & Gray, WSJ, Skadden, Willkie Farr & Gallagher, S&C, GD&C

日産に対する証券クラス・アクションの提訴

 テネシー州中部地区合衆国地方裁判所において、日産自動車株式会社、カルロス・ゴーン氏、グレッグ・ケリー氏等に対する証券訴訟が提起されました。

 原告がJackson County Employees’ Retirement Systemで、原告の代理人がRobbins Geller Rudman & Dowd LLPなので、真面目に対応しないといけない事案であるといえるでしょう。

 被告は、次の通りです。

  • 日産自動車株式会社
  • カルロス・ゴーン氏
  • グレッグ・ケリー氏
  • 西川廣人氏
  • 軽部博氏
  • ジョセフ・ピーター氏

 米国では、証券訴訟において会社と個人が同時に訴えられることが一般的です。また、このような場合、通常、証券クラス・アクションでは、被告となった個人と会社は、協力して対応することになるのですが、今回の場合、ゴーン氏及びケリー氏と会社との関係が微妙なので、どのような対応が取られるのか注目されます。

 訴状の中では、①取引所法10条及び同法規則10b–5違反、②取引所法20条(a)項違反が主張されています。また、クラス・アクション(クラスの認定)が要求されています。また、クラス・アクションと同様に、陪審裁判が要求されています。

 どうやら日産は、米国でのADR(米国預託証券)のスポンサーになっているようです。この点は、スポンサーになっておらず、勝手に発行されるADRとは異なるため、裁判所の判断に影響を与えるかもしれません。また、クラスの範囲は、2013年12月10日から2018年11月16日までの間に日産のADRを購入した者となっています。

 通常と同様、請求金額は、明らかになっていません。

 initial case management conferenceは、現状、2019年2月11日に設定されている模様。

via Kevin LaCroix, Justia, Robbins Geller Rudman & Dowd LLP

Leidos, Inc. v. Indiana Public Retirement System

Kevin LaCroix:

The U.S. Supreme Court has agreed to take up a case that will address a recurring issue that has arisen in the securities class action litigation arena – that is, whether or not the alleged failure to make a disclosure required by Item 303 of Reg. S-K is an actionable omission under Section 10(b) and Rule 10b-5.

Thomas O. Gorman:

The Supreme Court agreed to hear another securities case this week. Leidos, Inc. v. Indiana Public Retirement System, No. 16-581. … Leido , a securities class action based on Exchange Act Section 10(b) and Rule 10b-5 thereunder, presents the following question, according to the Petition for a Writ of Certiorari: “Whether the Second Circuit erred in holding – in direct conflict with the decisions of the Third and Ninth Circuits – that Item 303 of SEC Regulation S-K creates a duty to disclose that is actionable under the Section 10(b) . . .” of the Exchange Act.

米国のインサイダー取引規則の理解—SAC Capital編

Billionaire Steven Cohen Stumble Over Insider Trading Rulesと題されたPBSのサイトです。最近話題になっているSAC CapitalのSteven Cohen氏の証言録取の映像です。この事件で問題となった合衆国取引所法規則10b–5について,Cohen氏の認識や理解を尋ねています。PBSは,今冬にヘッジファンドを題材にした番組を制作するようで,楽しみです。

Retirement Gambleと題された番組が2013年4月23日に放映されているようですので,こちらもどうぞ。

via PBS

市場が非効率的な場合の損害因果関係—Nuveen Mun. High Income Opportunity Fund v. City of Alameda, Cal., 730 F.3d 1111 (9th Cir. Sept. 19, 2013)

第9巡回区合衆国控訴裁判所による2013年9月19日の判決です。

続きを読む

米国証券取引委員会の地方公共団体への法執行(1)—In the Matter of The City of Harrisburg, 2013 SEC LEXIS 1366 (2013)

In the Matter of The City of Harrisburgでは,地方公共団体である,Harrisburg市に対して,取引所法10条(b)項および規則10b-5違反に関する排除命令(cease-and-desist order)が出されました。

米国では地方公共債の市場は,大きく,また,個人投資家が多く参加しているようです。Forbes曰く,

According to the SEC, investors have $3.7 trillion in the muni bond market and 74% of that money came from retail investors.

しかし,地方公共債に関しては,辛辣な意見もあります。SECのGallagher委員曰く

At the SEC’s recent Fixed Income Roundtable, I pointed out that the combination of rising interest rates and municipality credit risk—essentially, the risk of municipal defaults or even bankruptcies, which is a real issue in California and several other states—could create disastrous conditions in this massive, retail-dominated portion of the securities markets. The risk of defaults on what have long been considered “safe” fixed income investments, positioned at the heart of many seniors’ retirement portfolios, are, though hopefully remote, higher than ever. An even greater risk is that rising interest rates will depress municipal bond prices for investors who must sell their bonds before they have matured. And I believe the average retail investor’s understanding of these twin risks—the risk to what they probably regard as the safest portion of their investment portfolios ― is low. (footnote omitted)

via Sidley Austin, The Economist, Reuters, Reuters, MarketWatch, SEC, Bloomberg