Lorenzo v. Securities and Exchange Commission, 587 U.S. —, 2019 WL 1369839 (Mar. 27, 2019)

In this case, we consider whether those who do not ‘make’ statements (as Janus defined ‘make’), but who disseminate false or misleading statements to potential investors with the intent to defraud, can be found to have violated the other parts of Rule 10b–5, subsections (a) and (c), as well as related provisions of the securities laws, §10(b) of the Securities Exchange Act of 1934, 48Stat. 891, as amended, 15 U.S.C. §78j(b), and §17(a)(1) of the Securities Act of 1933, 48Stat. 84–85, as amended, 15 U.S.C. §77q(a)(1). We believe that they can.

  • Kavanaugh裁判官は、下級審の判決に参加しているため不参加。6対2で、原審を維持。

via Lyle Roberts, Kevin M. LaCroix, Sheppard Mullin, SCOTUSblog, Oyez, Fried Frank, Reuters, Cleary Gottlieb, Ropes & Gray, WSJ, Skadden, Willkie Farr & Gallagher, S&C, GD&C

Barbara A. Bliss et al., Negative Activism, 97 Washington University Law Review (forthcoming)

  • Barbara A. Bliss et al., Negative Activism, 97 Washington University Law Review (forthcoming)

Shareholder activism has become one of the most important and widely studied topics in law and finance. To date, popular and academic accounts have focused on what we call “positive activism,” where activists seek to profit from positive changes in the share prices of targeted firms. In this Article, we undertake the first comprehensive study of positive activism’s mirror image, which we term “negative activism.” Whereas positive activists focus on increasing share prices, negative activists take short positions to profit from decreasing share prices.

via Harvard

附属定款中の強制仲裁条項

 米国で 附属定款の中に強制的な仲裁条項を置くということについて、議論が活発になっています。

 この議論は、比較法の検討としても興味深いです。また、比較法の論点に加えて、会社法や金商法の強行法規性の問題として捉えれば、より本格的な論文のテーマにもなりうるように思います。

 また、この議論は、Sciabacucchi v. SalzbergCyan Inc. v. Beaver County Employees Retirement Fundの影響もあるようで、複眼的に捉えると米国の法制度の特徴が明らかになって面白いように思えます。

via SEC, Jay Clayton, Cooley, Alison Frankel, Bernstein Litowitz Berger & Grossmann LLP, Allen & Overy, Cooley

日産に対する証券クラス・アクションの提訴

 テネシー州中部地区合衆国地方裁判所において、日産自動車株式会社、カルロス・ゴーン氏、グレッグ・ケリー氏等に対する証券訴訟が提起されました。

 原告がJackson County Employees’ Retirement Systemで、原告の代理人がRobbins Geller Rudman & Dowd LLPなので、真面目に対応しないといけない事案であるといえるでしょう。

 被告は、次の通りです。

  • 日産自動車株式会社
  • カルロス・ゴーン氏
  • グレッグ・ケリー氏
  • 西川廣人氏
  • 軽部博氏
  • ジョセフ・ピーター氏

 米国では、証券訴訟において会社と個人が同時に訴えられることが一般的です。また、このような場合、通常、証券クラス・アクションでは、被告となった個人と会社は、協力して対応することになるのですが、今回の場合、ゴーン氏及びケリー氏と会社との関係が微妙なので、どのような対応が取られるのか注目されます。

 訴状の中では、①取引所法10条及び同法規則10b–5違反、②取引所法20条(a)項違反が主張されています。また、クラス・アクション(クラスの認定)が要求されています。また、クラス・アクションと同様に、陪審裁判が要求されています。

 どうやら日産は、米国でのADR(米国預託証券)のスポンサーになっているようです。この点は、スポンサーになっておらず、勝手に発行されるADRとは異なるため、裁判所の判断に影響を与えるかもしれません。また、クラスの範囲は、2013年12月10日から2018年11月16日までの間に日産のADRを購入した者となっています。

 通常と同様、請求金額は、明らかになっていません。

 initial case management conferenceは、現状、2019年2月11日に設定されている模様。

via Kevin LaCroix, Justia, Robbins Geller Rudman & Dowd LLP

Robert P. Bartlett et al., The Myth of Morrison: Securities Fraud Litigation Against Foreign Issuers, SSRN (2018)

We find that the description of Morrison as a “steamroller” substantially ending litigation against foreign issuers is a myth. Instead, we find that Morrison did not substantially change the type of litigation brought against foreign issuers, which both before and after Morrison focused on foreign issuers with a U.S. listing and substantial U.S. trading volume. While dismissal rates rose post-Morrison we find no evidence that this is related to the decision. Settlement amounts and attorneys’ fees actually rose post-Morrison.

四半期開示の廃止について