上場する証券取引所の選択

日本企業が米国に上場する可能性が少ないので,あまり議論をしても意味が無いのかもしれませんが,個人的にどの証券取引所に上場するのかという選択に興味があります。

典型例は米国で,ニューヨーク証券取引所に上場するか,NASDAQに上場するかという選択ですが,最近では,香港証券取引所
シンガポール証券取引所の可能性もあります。

また,将来的には,上海証券取引所の可能性もあると思います。

上場先にホームバイアスがあると思いますが,それを超えたところでの企業行動に影響を与える要素は,何なのでしょうか。例えば,今までテクノロジー企業がNASDAQに上場してきたのに対して,Twitterがニューヨーク証券取引所を選んだ理由は,何なのでしょうか。スペシャリスト制度が肯定されるものなのでしょうか。

via N.Y. Times Dealbook