企業価値評価

 ファイナンスに続いて企業価値評価に関する書籍を紹介します。

 私がソニー時代に読んだものとして、まず、K・G・パレプ=P・M・ヒーリー=V・L・バーナード(斎藤静樹監訳)『企業分析入門』(東京大学出版会,2001)が挙げられます。他の類書と比較して、迂遠だと思われる内容が多いような気がしますが、当時は、知らないことが多く、とても参考になりました。発展的な内容を理解する上での基礎知識として有用でしょう。英語版は、Krishna G. Palepu & Paul M. Healy, Business Analysis and Valuation: Using Financial Statements (5th ed. 2015)だと思います。

 財務部時代には、証券会社のアナリストレポートに対するアクセスがあり様々な会社の少なくとも数百のアナリストレポートは読んだような気がします。今はよく存じ上げないのですが、当時、JPMやCは、DCFを用いた企業価値評価をアナリストレポートに掲載していることが多く、場合によっては、計算に用いたエクセルシートにアクセスすることもできました。他方、GSの無駄を排してA4で1枚から2枚に纏まったPER重視のアナリストレポートからは、市場での関心がどのような点に向いているのかを教えられました。また、Bloombergにアクセスすることもできましたし、I/B/E/Sへのアクセスもありました。今となっては、証券会社が用いるデータベースも様々ですが、一会社員にしては、色々な情報に触れて、市場の動きや考え方を理解する上で有益だったように思えます。

 次に読んだのは、Shannon P. Pratt & Alina V. Niculita, Valuing a Business: The Analysis and Appraisal of Closely Held Companies (5th ed. 2008)だったように思います。当時は、第4版でした。この書籍で、企業価値評価の基本を学んだように思います。また、今から考えると、早いうちから非上場会社の企業価値評価の難しさに触れた点が有益でした。Amazonによると、2021年末にShannon Pratt & Roger Grabowski, Valuing a Business: The Analysis and Appraisal of Closely Held Companies (6th ed. 2021)が出版されるようです。

 留学前には、鈴木一功『企業価値評価〔実践編〕』(ダイヤモンド社,2004)と首っ引きでした。当時、企業価値評価の実務について解説する書籍が限られていたため、この書籍が実務的な側面を解説しているのはとても有用でした。長らく在庫切れだったと記憶しているのですが、今では、Kindle版も出版され、アクセスしやすくなっています。数年前に著者にお目にかかった際に、同書から多くを学んだ点と新版を出してほしいという個人的な希望をお伝えしました。それが原因だったとは思わないのですが、鈴木一功『企業価値評価〔入門編〕』(ダイヤモンド社、2018)が出版されています。

 次は、マッキンゼー・アンド・カンパニー『企業価値評価〔第6版〕上』(ダイヤモンド,2016)及びマッキンゼー・アンド・カンパニー『企業価値評価〔第6版〕下』(ダイヤモンド,2016)です。当時は、第4版の翻訳でした。この書籍によって、企業価値評価を学ぶことが容易になったように思います。英語版は、McKinsey & Company Inc., Valuation: Measuring and Managing the Value of Companies (7th ed. 2020)で、第7版が出ています。

 留学前からダモダラン先生のお名前は伺ったことがあるのですが、その著作を読んだのは、留学後でした。企業価値評価関連で、多くの著作がありますが、Aswath Damodaran, Damodaran on Valuation: Security Analysis for Investment and Corporate Finance (2d ed. 2006)は、多く参照されるものの一つです。

 企業価値評価は、他にも色々とありそうですが、代表的なもので直ぐに思い浮かぶのは以上ということで。

In Re PLX Technology Inc. Stockholders Litigation, C.A. 9880-VCL (October 16, 2018)

This massive decision is a primer on Delaware director fiduciary duty. It covers just about all the important issues, with an enormous amount of citations and explanation. It is particularly helpful in showing how directors must meet their disclosure obligations, both to their other directors and to stockholders. It is, of course, very much a product of its unique facts.

What may be its most lasting impact is its conclusion that the deal price in a merger established fair value and that yet again a DCF analysis was defective. At least for publicly traded and well shopped companies, we may be seeing the end of DCF as the preferred measure of value in Delaware. (emphasis added)

via Morris James

DFC Global Decided

The respondent argues that we should establish, by judicial gloss, a presumption that in certain cases involving arm’s-length mergers, the price of the transaction giving rise to appraisal rights is the best estimate of fair value. We decline to engage in that act of creation, which in our view has no basis in the statutory text, which gives the Court of Chancery in the first instance the discretion to “determine the fair value of the shares” by taking into account “all relevant factors.”

… [W]e do not share DFC’s confidence in our ability to craft, on a general basis, the precise pre-conditions that would be necessary to invoke a presumption of that kind. We also see little need to do so, given the proven record of our Court of Chancery in exercising its discretion to give the deal price predominant, and indeed exclusive weight, when it determines, based on the precise facts before it that led to the transaction, that the deal price is the most reliable evidence of fair value. …

… Although there is no presumption in favor of the deal price, under the conditions found by the Court of Chancery, economic principles suggest that the best evidence of fair value was the deal price, as it resulted from an open process, informed by robust public information, and easy access to deeper, non-public information, in which many parties with an incentive to make a profit had a chance to bid. . .

Guhan Subramanian, Using the Deal Price for Determining `Fair Value’ in Appraisal Proceedings

This Essay presents new data on appraisal litigation and appraisal outs. I find that appraisal claims have not meaningfully declined in 2016, and that perceived appraisal risk, as measured by the incidence of appraisal outs, has increased since the Dell appraisal in May 2016. After reviewing current Delaware appraisal doctrine, this Essay proposes a synthesizing principle: if the deal process involves an adequate market canvass, meaningful price discovery, and an arms-length negotiation, then there should be a strong presumption that the deal price represents fair value in an appraisal proceeding; but if the deal process does not have these features, deal price should receive no weight. This approach would represent a middle-ground between the competing approaches advanced by twenty-nine law, economics, and finance professors in the DFC Global appraisal, currently on appeal to the Delaware Supreme Court.

わが国の有力説(通説?)に近い意見のように思えます。

via Lowenstein Sandler

最近のデラウェア州における企業価値算定手法について

 今日の最終講義には、様々な点で大変感銘を受けました。自分の勉強が足りないことを感じましたし、新しい示唆というものは幾らでもあるものだと感じました。最終講義の中で、最近のデラウェア州における企業価値算定手法について言及がありました。拙著『証券市場における情報開示の理論』80頁注205(弘文堂,2016)では、次の通り言及しています。

デラウェア州の裁判所は,価値評価の方法について,「金融業界で受け入れられていると一般に考えられている方法」と述べた上で,価値評価の技術革新に応じて,違った価値評価の方法を受け入れている。Weinberger v. UOP, Inc., 457 A.2d 701, 713 (Del. 1983); Global GT LP v. Golden Telecom, Inc., 993 A.2d 497, 517 (Del. Ch. 2010) (Strine, V.C.), aff’d, 11 A.3d 214 (Del. 2010) (資本コストの算定に際し,かつて衡平法裁判所が採用した歴史的なエクイティ・リスク・プレミアムではなく,長期的なエクイティ・リスク・プレミアムの期待値を採用した事例。裁判所は,専門家の新たな意見を採用することの意義について言及している).

 より詳しくは、同事件におけるTestimony of Petitioners’ Expert Witness, Paul A. Gompers, 2009 WL 8399149 (Oct. 15, 2009)をご参照下さい。